視力は下がったけど、眼鏡を選ぶ楽しみができた

高校生の時に初めて眼鏡を買った。
当時は、後ろの席だと黒板の文字が見えにくい程度だったので授業の時しか眼鏡は必要なかった。

視力が回復するように遠くの景色を見たりしていたがあまり気にならなかった。
大学時代もそんな感じで、車の運転中に眼鏡をかける程度だった。度が進むこともない。
がくんと視力が落ちたのは、2人目の産後の時だった。何がきっかけだかは分からないけど、いきなり度が進んだように感じた。視力回復にいいというブルーベリーのサプリを飲んだりしたがすぐには効かないのだろう。
慌てて眼鏡を買い替えた。久しぶりの眼鏡屋さんは楽しくて、色々試着して決めた。当時は、フチなし眼鏡が流行っていたように思う。
気に入って掛けていたが、次男にとっても魅力的な物だったようだ。抱っこすると、必ず手が眼鏡に伸びる。払い落とされないようによけるが、時々手が当たり眼鏡は床の上へ…。ということが何度もあった。
コンタクトに変えようとしたが、子どもがいるとなかなか病院に行きづらい。
次男が幼稚園に入園して初めてコンタクトにした。眼鏡もあるので、ワンデータイプの物にした。
なぜか視力検査は、何回受けても苦手。検査も終わり、自分の視力にあったコンタクトを選んだ。
ここからが大変だった。スタッフの方にコンタクトレンズのつけ方を教えてもらい、自分でつけるのだがとてもぶきっちょな私には至難の業である。あまりの下手さに笑いが出る。あの時のスタッフさん、お騒がせしてすみませんでした。
今では、カラコンを選んだりしてコンタクトと眼鏡生活を楽しんでいる。
が、最近近くの物が見えにくくなってきた。これが世に言う『老眼』というものなのか。今のところまだ老眼鏡は必要ない。老眼用のコンタクトレンズってあるのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です