化粧とにきび

油が多い化粧品で化粧をすると毛穴が詰まってにきびができるとよく思っています。

化粧がにきびに及ぼす影響については、色々な話が多いです。まず、私は二つの相反した事実を話してみましょう。
最初には、化粧品を使えばニキビがひどくなる人もいます。
しかし、誰もがそうではありません。そして第二には、まだ化粧をしっかりする前の高校生が高校を卒業した人よりも、にきびがより多いということです。

また、化粧品を使わない背中や胸にもニキビが生じるが、化粧をする人だと顔ににきびが激しく、化粧をしない人だと胸や背中にニキビがより深刻なものではないことです。

最近の研究結果によると、化粧がにきびへの影響が以前に考えられたように、そう大きくはないというのが主な流れです。しかも化粧品も進化をたくさんして数十年前の化粧品と最近の化粧品は、中に入った成分が多く変わりました。
しかし、化粧品がにきびに決定的な影響を与えないが、少しの影響も与えないほうがよいでしょう。
そのために化粧品が肌に触れている時間を減らすこと、つまり化粧をしている時間を減らし、きれいにおとすことが重要です。

つまり、外から帰ると化粧をすぐにおとすのがいいですね。また、化粧を落とす製品は様々ですが、高価なクレンジング製品を使用するより石鹸洗顔を二度することがより優れているのが私の考えです。
肌に直接塗ることはありませんがヘアスプレーやジェルを使用するときは、顔にかからないようにすることをお勧めします。
特に、ヘアスプレーを使うときは、顔に噴霧がかからないように隠したり気をつけなければならない。そして、パックやマッサージは、あまり良い影響を与えないようです。私が見た患者の中にパックやマッサージをして、にきびの炎症が非常に激しくなってきた患者さんが数人います。管理人のお世話になってるサイト>>>>>ダンデライオンチョコレート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です